歯のブリッジ治療(歯がない)

特徴

抜歯や事故により歯を完全になくした場合の治療としては、隣の歯を削る「ブリッジ」や取り外しの「入れ歯」が昔からあります。
ですから、橋桁となる歯が丈夫であることが条件になります。グラグラ動く歯だとブリッジはできません。
奥歯だとより噛む力がかかるので、歯の位置も大事な要素になります。
図では3本分のブリッジとなっていますが、場合によっては橋桁が2本以上になることもあります。延長ブリッジとも呼びます。

入れ歯と違いきちんとかぶせられたブリッジは、自分の歯のように噛めるようになります。
ただ、ブリッジは歯3本分であれば、3本分の力を2本の歯で支えるわけです。
歯がない部分(欠損部位)が多ければ多いほど力がかかりやすくなり、支えてる歯が駄目になるリスクは高くなります。無理に設計してブリッジを作ってしまうと、支えている2本の歯を痛めてしまうことになります。
ブリッジが選択できない場合は、入れ歯かインプラントという選択肢となります。歯の位置にもよりますが、保険で治療できるのは2本の欠損までです(つまり完成形は4本の歯となります)。

長所(メリット)としては
  • 入れ歯と比較すると、固定式なので違和感が少ない。例えば人前や旅先などで取り外す必要がない。歯磨きなども自分の歯と同じように行うことが出来る。
  • 自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める。
  • 治療期間が短い。
  • 1~2本の欠損であれば保険を使うことができる。(長崎歯科医院では、自由診療でお願いしています。)
  • 費用をかければ、見た目の仕上がりもよくなる。
欠点(デメリット)としては
  • 周囲の歯をたくさん削る必要がある。1本の歯の40~70%削る必要があります員
  • たくさん削るために、神経がある歯であれば神経部分を取らなければならない
  • 削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなる
  • 両隣りの支える歯に、力学的に負担がかかる。負担がかかりすぎると支える歯が割れて、その歯を抜かなければならない。
  • 歯の抜けた真ん中の部分の骨が次第にやせていく
  • インプラント治療と比較すると、歯を削るので寿命が短くなる

(例1)
両隣の歯を削り、ブリッジにします。歯を1本失った場合、ブリッジは3本組の歯となります。

(例2)
歯を2本失った場合、大きな噛む力を支えるために、数本の歯を削りブリッジにします。この図では、歯を3本削り、5本組のブリッジです。

一般的にブリッジは、土台となる歯を削れば削るほど、土台がしっかりしますので、耐久性があがります。逆に削らなければ削らないほど耐久性が落ちます。

接着ブリッジについて

歯科用の接着剤や技法の進歩とともに、長崎歯科医院では「歯を削る量が少ない接着ブリッジ(自由診療)」を20年以上前より導入し、良好な結果を得ています。


→ 詳しくは、接着ブリッジについて をご覧下さい。

診療時間

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝