インプラント治療を検討されている方へ

■インプラント前のこと患者さんは歯科の知識が少ないため、
「痛い所だけ治せばよい」
「インプラントさえすれば噛めるようになる」
「インプラントをすれば長持ちする&見た目が良くなる」と考えがちです。

つまり、
・自分が気になる所しか頭にない
・インプラント埋入手術のことしか考えていない
という方が多いです。

■確かに、それで良い場合もあるのですが、インプラント治療を検討されている患者さんの多くは、お口の中が環境が悪い事が多いのです。
単純に、「歯を作れば良い」というわけにはいかないことがあります。虫歯や歯槽膿漏(歯周病)がある、グラグラする歯がある、噛み合せが悪いなどです。

■例えば、虫歯や歯周病でだんだんと歯が失われていき、とうとう左でも右でも噛むのが難しくなり、歯がない所にインプラントをして欲しい。という場合。お口の環境が複雑に絡み合っており、ご自身では分からない所に悪い部分があることがあります。

■患者さんが複雑に絡み合った治療を最初から理解できていないのは仕方がない事だと思います。
ですから、インプラント治療希望者は、
「痛みがない所に問題があるかもしれない。」
「歯がない所以外にも治療した方が良いかもしれない。」
「インプラント治療以外の治療が必要かもしれない。」
ということを頭に入れて相談に来て頂けると助かります。

■単純に、「インプラントを入れるだけ・見た目に歯が入っているだけ」なら簡単なのですが、しっかり噛めるようにしなければいけませんし、歯と歯肉の見た目も自然にする必要がありますし、長持ちするように作らなければなりません。
そのために実際のインプラント治療は、インプラント以外の歯科治療、例えば「歯の根の治療」であったり、「歯肉の治療」「あご骨の治療」、「補綴治療」、「噛み合わせの治療」など複数の治療が大事になってくる事があります。

単純に表現すると、
インプラント治療×一般歯科治療×審美歯科治療×噛み合せ治療となります。
ですから、インプラントだけとか、歯周病だけとか、噛み合わせだけという治療では行き当たりばったりの治療になってしまいます。

■インプラント治療と言っても、一般の歯科治療があり、そこがしっかりしていないと、後から問題が発生するケースがあるということです。
(インプラントをしたら、隣にある歯や反対側の歯が駄目になってしまったなど。)
このように、せっかくインプラントをしたのに、またすぐに追加の治療になってしまう事は、患者さんに迷惑をお掛けする事になります。
当然、歯科医師として避けたい事です。

■そのためには、1年、5年、10年・・・を見通し、バランス良く、順序良く、無理や無駄のない治療が良いと思います。そのためには、歯科医師の頭の中に完成のイメージができていることが大事だと思います。(戻る)
患者さんのほとんどの方は、インプラントの歯と自分の歯を一緒に共存させていく必要があります。

人工の歯であるインプラントと天然の歯である自分の歯が混じった歯の噛み合わせの治療やメンテナンスは難しいです。
ですから、インプラント治療がうまくいっても、長い期間インプラントが機能するかどうかは、一般歯科治療がうまくいくかどうかも大きいです。

■グラグラする歯がある場合&抜けそうな歯がある場合
グラグラしている歯があり、「どうしても抜きたくない」という気持ちは分かりますが、「抜かない方が良い」ケースもあれば、「今残っている歯を守るため抜歯した方が良い」ケースもあります。

今後の治療を見通して、
「助けられる歯」と「助けられない歯(どうしても諦めて頂きたい歯=歯を抜く)」を理由と共に伝え、「最終的にどうすれば良いか」という事を話の中でお伝えできればと思います。もし不安な点や聞きたい点などがありましたら、遠慮なく相談時にしっかりと質問して頂けると幸いです。
相談にいらっしゃったら、しっかりと話を聞いて頂きたいと思います。無駄な治療は致しません。治療には全て理由がございます。

■インプラント治療を検討されている方は、さらにこちらをお読み頂けると、長崎歯科医院のインプラントに対する考えが良く分かると思います。
インプラント希望の方は、一読頂ければ助かります。

これまでの相談内容の具体例

診療時間

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝