審美歯科

特徴

白い歯にしたい
銀歯を「白い歯」にすることが一般的になってきています。
白い材質の歯科材料がどんどん進化してます。
歯全体に被せるタイプ(クラウン)と、穴の開いたところにだけ詰める(インレー)ものがあります。

白い歯科材料の種類は、大きく分けて、ハイブリッドセラミック、セラミック、ジルコニア(人工ダイヤ)、強化プラスチックなどがあります。
保険適用内での白い詰め物は、「コンポジットレジン修復」といい、歯科用強化プラスチック(合成樹脂)を用います。
ハイブリッドセラミック、セラミック、ジルコニアなどは自由診療となります。保険が利きませんので高額ですが、丈夫で長持ちしますし、プラスチックより美しく仕上がります。噛み合わせも安定します。


※セラミックやクラウン、白金加金、メタルボンドなど分からない言葉がありましたら審美歯科用語一覧をご覧下さい。
丁寧に解説しています。


審美歯科は、歯の色や形、歯並びを修正して、より美しく、自然感を与えるために行われる治療です。美しく健康的な笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらします。
具体的には、金属の歯を、天然歯と同じような色に変えます(もしくは、虫歯治療の後、最初から白い歯にします)。
治療の跡を目立たなくし、口の中の印象を明るくすることができます。
方法としては、歯冠修復処置(オールセラミック、メタルボンド、ハイブリッドセラミック、ジルコニア)、ラミネートベニア修復法、矯正治療などがあります。
・オールセラミック、メタルボンド、ハイブリッドセラミック、ジルコニアは、それぞれ特徴があります。
・矯正治療は、歯を全く削らない方法です。
・ラミネートベニアは前歯に適応します。削る量が少ない方法です。主にエナメル質を削ります。(前歯のすき間が気になる方などに行います)


審美歯科は、見た目だけの美しさを求めるものではありません。正しい歯並びや噛み合わせにすることで歯の機能を正常にし、美しく、かつ、健康な歯にする治療法です。
治療費の目安や詳細については、料金表をご覧下さい。
※歯科業界は、材料の種類や治療法、技工法がたくさんあるため、治療費は一般の方にはなかなか分かりにくいかと思いますが、お気軽にご相談下さい。
※審美歯科治療は、「セラミック」「ハイブリッドセラミック」「メタルボンド」などありますが、それぞれ長所と短所がございます。
歯の大きさ・形や色、歯の数、並び方、かみ合わせ、かむ力などによって、選択肢が変わることがあるので、必ず歯科医師の意見を聞いてから治療方法を選択する事をオススメします。

診療時間

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝