インプラントの初診相談

インプラントの初診相談

お口の状況:お口の状況:
・左上の歯 15年程前にブリッジにしました。
・右上の歯 1本歯がなく、隙間もあります。
・右下の歯 一昨年、インプラントを1本入れました。

【 電話対応時 】
歯が全体的に悪く、悩まれているご様子でした。インプラントをご希望でしたが、他の歯科医院にて「あごの骨が足りないのでインプラントできない」と診断されていました。「あごの骨を作る手術をしてインプラントができるかどうか」など色々と相談をしたいとの事でした。CT撮影が必要ですので、ドクター長崎の相談を受けることをお勧め致しました。
まずは、来院して頂くことでしっかりとしたカウンセリングをさせて頂きます。

Q.治療を受けた方のカウンセリング内容

○○さん、よろしくお願いします。

先生、よろしくお願いします。
歯全体の状態が悪いので、診ていただきたいのです。
歯周病もあります。

わかりました。

(口の左上にあるブリッジを指して)
この歯は、15年前くらいに作った記憶があるのですが、噛むと動くので左で噛めません。
右で噛んでいます。「左の歯で噛まないほうがいい」と通っていた歯医者さんで言われています。

分かりました。実際にお口を拝見させて頂きますね。
[お口の中を見て]
そうですね、この15年経っている左上のブリッジは、かなり状態が悪くなっていますね。左で噛めないのが一番問題だと思います。

はい、そうなんです。
それで、これ以上たいへんになると怖いので、この左上の歯を先に治療したいです。
インプラントを考えています。

CT(3Dレントゲン)を撮って、インプラントできるか見てみましょうね。
3次元データで正確に歯や骨の状態を確認できます。

先生、1年半前くらいにCT(3Dレントゲン)を撮ったことがあります。
その時、「上の歯は、骨がかなり足りない」と言われています。

分かりました。「骨が足りない」と言われているのですね。
1年半前だと、だいぶ骨の状態が変わってきていると思います。今の骨の状態も見たいので、CTを撮らせて下さいね。

Q.レントゲン撮影(CT)

[CTの映像を見て]
ここの骨が足りなくなっていますね。

[CTの映像を見て]
確かに骨がないですね。

[CTの映像を見て]
確かに骨がないですね。

ご希望であるインプラントをするには、骨が足りないので、まずは、サイナスリフト(骨を作る手術)という手術で骨を作り、その後インプラントを入れる必要がありますね。

骨を作らないといけないのですね。やっぱりそうですか、、、。
インターネットに「インプラントは骨に入れるので、骨が足りないとインプラントができない。
骨を作ればインプラントができるようになる」と書いてありました。

そうですね。
骨を作る手術のことを骨造成(こつぞうせい)と呼んだりします。
どの歯科医院でもできるわけではないですが、私は昔からやっていますよ。

まず、サイナスリフトをします。骨がしっかりできるまで期間が必要ですので、早いうちに左の仮歯を作り、左でもちゃんと噛めるようにするのがいいと思います。

インプラント治療が終わる間まで、左で噛めないのはどうしようと思っていました。
仮歯とはいえ、噛めるのは嬉しいです。

そうですね。
右でばかり噛んでいると、今度は右の歯もおかしくなってきます。
仮歯でしっかり噛めるようにすれば、他の歯が悪くなるのを防ぐことができますよ。

左でも噛めるようにして、骨ができるのを待ちましょう。その後、インプラント手術をします。

はい。

うちの仮歯は、時間をかけて丈夫に作るので、まあまあ長持ちします。
ただ、あくまでも「仮の歯」ですので、取り外しできるようにあまり強くひっつかない程度のセメントで軽く装着しています。
もし、仮歯がとれてしまったら、仮歯を取りつけに医院に来て下さいね。

はい。
あ、先生。骨ができるというのは、どれくらい期間はかかるものでしょうか。

サイナスリフトで骨ができるのは、4ヶ月以上が目安です。

わかりました。
その後に、インプラントを入れるのですね。
インプラントを入れると、インプラントと骨がくっつくまで数ヶ月かかると聞きましたが、実際何ヶ月くらいかかりますか。

インプラントと骨としっかりつくのは、2ヶ月~3ヶ月が目安です。その後、白い歯を入れます。
一般的には、インプラントと骨がつくのは、3~6ヶ月かかりますのが、うちは「コールドレーザー」を使っているので速い方だと思いますよ。

わかりました。
そうすると、全部で半年くらいは待たないといけないのですね。

そうですね。半年くらいになります。
右上の歯が1本ありませんが、こちらは骨がありますね。インプラントかブリッジを入れて、右でも噛めるようにしましょう。
アゴがズレていますが、噛み合わせ調整で左右の歯のバランスをとり、上と下のアゴが正しい位置に戻せば全部の歯が均等に自分の歯の役目が果たせるようになり、アゴがコリコリ音がするのも顎関節症も、根本的に治ります。

そうなったらうれしいです。
時間かかってもちゃんと噛めるようになりたいです!もう噛めないのはこりごりです。
安心して食事できる歯を作りたいです。

はい、任せてください。

※相談時間 約60分
※プライバシーの問題などを考え、内容を一部修正、削除してあります。

まとめ

■相談内容
(1)歯周病もあり、歯全体の状態も悪いので、診ていただきたい。

(2)15年前に作った左上のブリッジの支えが悪く、左側で噛めません。

「左で噛まないほうがいい」と他の歯科医院で言われています。これ以上たいへんになる前に、インプラント検討しています。先に治療したいです。

(3)1年半前にCTを撮ったことがあります。「上の歯は、骨がかなり少ない」と言われています。

■ドクター長崎の診断
実際にお口を拝見させて頂きました。
ご本人も最初に治療したいとおっしゃっているように、左で噛めないのが一番問題だと思います。あとは、顎の骨がないのも問題になります。
前のドクターのおっしゃる通り、左上のブリッジが動いているので、ブリッジを治す必要があります。
ご希望であるインプラントをするには、あごの骨が薄く足りないので、まずは、サイナスリフト(骨を作る手術)という手術で、骨を作りインプラントを入れます。

仮歯を作り、左でもちゃんと噛めるようにしなければしょうがないと思います。
まず、インプラントを左上に入れ、そのインプラントを利用して仮歯を作り、左でも噛めるようにして、顎の骨ができるのを待ちましょう。

顎の骨ができるのは、この患者さんの場合は4~6ヶ月が目安です。仮歯でしっかり噛めるようにすれば、他の歯が悪くなるのを防ぐことができます。
右上の歯に、歯が1本ありませんが、早めにブリッジを入れて噛めるようにしましょう。左右の歯のバランスをとり、噛めるようになれば、アゴのバランスを良くすることができるようになります。
メンテナンスで少しずつ調整していけば、もっとバランスよく噛めるようになり、顎がズレているのを、治すことができます。アゴのズレが良くなると今ある肩こりも自然になくなります。さらに首の骨のズレも改善していきます。

診療時間

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝