コールドレーザー治療

1) 痛みを治す
2) 強い骨結合によるインプラントの成功率アップ
3) 速い骨再生によるインプラントの治療期間の短縮
治療の痛みをとり、インプラントの成功率をあげるコールドレーザー治療

コールドレーザー治療を受けるメリット
1  痛みを治す
2  強い骨結合によるインプラントの成功率アップ
3  速い骨再生によるインプラントの治療期間の短縮
コールドレーザーは熱を出さずに深部まで到達し、細胞の自然治癒力を促進させ治すレーザー治療器です。
歯を抜いたり、インプラントなどの手術の後に、「コールドレーザー」を照射すると麻酔後の痛みも軽減されます。
また、インプラントと骨のつきがより強くなり、インプラントの成功率があがります。治療期間の短縮につながります。

コールドレーザーの効果

・手術後の痛み/疼痛緩和/ペインクリニック
(インプラント埋入後や抜歯後の治癒促進)
・手術傷、傷跡の治癒促進
・骨の再生
・歯肉炎、歯髄炎
・顎関節症
・口腔潰瘍(アフタ性潰瘍)
・知覚過敏
・顔面神経麻痺など

インプラント治療への効果

●コールドレーザーの特徴
・コールドレーザーは熱を出さないため、安全に照射することができます。
・高出力レーザーエネルギーを作り出し、他のレーザーに比べて体の内部まで浸透させます。
・即効性と持続性があり、「痛い」という部位に効果があります。
・痛んだ神経や細胞に刺激を与え、ミトコンドリアが活性化され修復します。
・レーザーエネルギーで細胞・血管・神経への組織の活性化に伴い、人間が本来持つ自然治癒力を向上させます。

●コールドレーザーの仕組み
照射すると、生体刺激(バイオスティミレーション)が起こります。
タンパク質を生産するように働きかけ、また、細胞のエネルギー源であるATPを産生するように指示します。(フォトメカニカル効果)
損傷を受けた組織が自然治癒では時間がかかるところを、細胞を活性化することで早く治ります。
※保険適応外治療のため自費治療となります。

コールドレーザーは、アメリカのマルキーナ博士が開発して以降、世界37カ国、81大学で使用され、歯科・医科・カイロなど様々な分野で優れた効果が実証されています。

(参考)インプラントと骨が結合することについて

インプラントと骨が結合することを、オッセオインテグレーションといいます。
この骨結合するタイプが、現在のインプラントの主流です。
骨(歯槽骨)に埋め込まれたインプラントは、骨と直接結合することで、自分の歯の根っこと同じ役割を果たします。自分の歯と同じように噛むことができるようになります。
インプラントと骨がしっかり結合することは、顎の骨の退化を防ぎます。
噛むと、インプラントを通して骨の内部から刺激が広がります。
インプラントは、人工歯根(インプラント本体)を通じて骨に刺激を伝えることで、骨の退化を防ぎ、骨を強固にし、骨の量を増やします。
インプラントや自分の歯がない、所の「刺激を受けない骨」は、徐々に吸収されて、薄くもろくなっていってしまいます。
入れ歯の場合は、インプラントと違って骨が増えるどころか、逆に骨が早く吸収されてしまいます。

診療時間

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝